白石正子・代表作とその想い

開闢
開闢

『開闢(かいびゃく)』

1997年 女流陶芸大賞 受賞作

サイズ:100×100cm

設置場所:岡山市北区伊島北町 岡山中央病院ロビー

 

50代半ばに、自らの開闢…「すべてのはじまり」となった作品。

この作品において「焼き締め」の手法を選んだのは、

「朽ちてもなお、存在感を残す」と感じる、土の存在感による。

 

漂流
漂流

『漂流』

1999年 女流陶芸文部大臣賞(最高賞)受賞作

サイズ:100×100×50cm

  

アーチ上部には、人間の営みとしての朽ちた遺跡を配し、

大地に足をおろして生きているようでいて、傾いている姿を表した。

一方で、アーチからはいつも明るい空を見通すことができ、

未来への希望を託している。

 

光あれ
光あれ

『光あれ』

2000年

サイズ:280×1000cm

設置場所:岡山市北区奉還町 コウジン倶楽部エントランスホール

 健康増進施設での設置に相応しく、より明るく光る大地と、

青い空をモチーフとした、広がりを感じさせる空間をデザインした。

「光あれ」とは、創世記の中で、神が世界を創ったとき、最初に発した言葉とされる。

MA
MA

『MA』

2002年 海外で初となったニューヨークでの個展に出展

サイズ:180×270×60cm

  

幼いころの記憶を手繰り寄せ、自らの原風景を日本人独特の

感性である『間』~MAとして、

漆黒にペイントした杉板と、陶板の組み合わせにより表現。

WA
WA

『WA』

2004年 ワシントンDC日本大使館ギャラリー

サイズ:直径180cm

 

「和」は「輪」となって世界を包み込む。

土と私。

こころのかたち。

Water's Sound
Water's Sound

『Water's Sound』

2008年 ロンドンの日本大使館ギャラリーにて

サイズ:400×150cm

 

陶器と水が出会って奏でる音を聴いてみたい。

水面を揺らす一滴の水のように細やかに

岩を砕く大波のように力強く、心に響いてくるのだろうか。

美しい水の音で世界が満たされる時

地球は青く平和に輝けるに違いない。

DEEP
DEEP

『DEEP』

2010年 春の作品展にて

サイズ:180×70×70cm

 

この地に生まれた誰もが、

命の命題をひとつずつ解きながら、傍らに積み重ねてゆく。

生きるとは、積むこと。

そして、深まること。

奏でる土
奏でる土

『奏でる土』

2011年 岡山天神山文化プラザ「素材をめぐる14人の方法」展出品

 サイズ:300×400×400cm (可変)

 

地球を覆い尽くしている土は

地下から湧き上がるマグマの大きな響きや

地表を吹きわたる風のメロディや

宇宙から訪れる様々なハーモニーを吸収しているはずだ。

 

私が土を形づくるとき、いつも心に響き渡る音は

そんな愛しい地球の記憶なのかもしれない。

 

                         愛する土で 大好きなチェロの美しい音色を 奏でてみたい…。

Skip
Skip

『Skip』

2011年 春の作品展にて

 サイズ:180×150cm

  

あなたは誰とスキップしたいですか?

彼、彼女、それとも…風?

軽やかに しなやかに、レッツ、スキップ!

 

 

MY ROAD
MY ROAD

『MY  ROAD』

2014年 春の個展にて

 

  

この地に誕生したときから、カウントダウンは始まる。

数字に拘束され、時の中で生きていく。

原点から始まり、点をつなぎながら

私たちは、それぞれのマイ・ロードを創っていく。

 

『じゆうじざい』

2015年 春の作品展にて

サイズ:180×180cm

 

 

 

自由に空を飛ぶ鳥のように

自在に輝く光のように

 

 

 

 

 

じゆうじざい

『Flower planet』

2016年 春の作品展にて

 

 花の惑星が忽然と目の前に出現したら、

どんなに素晴らしいでしょう。

宇宙人になった気分で花畑を歩いてみませんか?

地球上の煩わしいことも吹っ飛ぶかもしれません。

 

Flower planet

由加神社参道モニュメント 輪』

2016年 1月 由加神社参道モニュメント

 

 由加神社参道に新しい風の流れが加わりました。

輪輪(りんりん)と神の力が広がりますように。 

 

 

 

 輪

『soyogi

2018年 春の作品展にて

 

 重い荷物をそぎ落とし

風と一緒に 龍の背中でそよぎませんか?

 

 

 

 

soyogi

『soyogi

2018年 春の作品展にて

 

時には雲の波。時には水の波紋。

自然にそよぎ、自然を切り裂き、

自らの形を残すもの。

その名は、風。